建築コストを抑える秘訣

1割から2割のコストダウンは創意工夫で必ず出来る。

ローコスト住宅=安っぽい住宅ではない!
必要のない部分にはお金をかけず、クオリィテイの高い住宅を実現させる方法とは、、、

○安全上、一番重要な建物構造、基礎の費用は絶対に削らない。
○居住環境を重要視する建物(温熱環境、高気密、高断熱、自然素材仕様等、、、)
○居住空間を重視した建物(開放性、立体空間、デザイン性、オリジナル性、、、)
○メンテナンスしやすい住宅づくり

上記項目を崩さずコストダウンをはかる方法はいくらでもあります。
例えば

  1. プランニング「平面計画(間取り)、立体計画」のやり方で大きく変わる。
    例えば凹凸感、シンプル、オープンスタイル、水廻り、窓のとり方等、、、、
  2. 仕上材の選択方法で大幅カット「統一性、仕入先、仕入ルート、、、、」
  3. 住宅設備の選択方法で大幅カット「仕入ルート、商品製造時期、同等品、B級品等、、、」
  4. 自治体、事業団体の助成金を活用する。(長期優良住宅ブランド化事業、エコポイント等、、)
  5. 今、必要か将来必要かどうか検討する。予算が厳しい場合、将来、必要になった時造る
  6. DIY(自己施工)施工上危険性の低い比較的安全な工事を自分で施工する。
    例えば室内の塗り壁、タイル張り、キッチンの組み立て、家具造作等、外構等、、、
    時間さえあれば、誰でもできます。又、気持ちさえあれば引渡し後、住みながらでもできます。

その他、イニシャルコスト、ランニングコストとのバランスを考慮することは大変重要に思います。
上記項目のコツは全てアドバイスしますのでご安心ください。
私の建物も2度挑戦し、2度とも2割以上の大幅カットに成功しております。