設計をどこに頼んだらよいか?

 工務店、ハウスメーカー、設計事務所、建築士(建築家)の中で、どこに設計を頼むのが一番妥当か、判断しにくと思います。
それぞれ価値感の違いがあるので一概に言えませんが、

 工務店、ハウスメーカーの基本的スタイルは、建築工事が本業であり、社内に設計部があっても各々の標準基本仕様に基ずいた設計にならざるを得えません。(標準外は割高になる)
設計費用についてよく耳にすることは、「確認申請費以外の設計料は無料」という営業トークです。
これは通常あり得ない話であり、他の工事項目に跳ね返ってきます。 確かに一昔前の建売住宅等は
図面代を節約する理由で平面図、立面図、仕上表の3枚程度で工事を行っていた工務店が大半を占めてましたが、通常、複雑化する注文建築では考えられません。
同じ型状の建物に見えても個々に違います。
詳細図面が有れば事前に問題点が見えてきますが、詳細図面が無ければお互いくい違いが発生し、トラブルになるケースが多いです。
図面が全てとは云う気はないですが、設計図とは工事を行うために欠かせない基本的な内容が記入されている重要なものであります。これに関しては工事業者の方もしっかり理解しているはずなのですが、、、、

 理想の家、こだわりの家造りを考えている方なら、設計と工事は完全分離するほうが建築主にとって、必ずメリットがあると私は思います。
施工と設計を分離することによって設計士として資質(デザイン力、技術力)を十分発揮できることや、施主様の代理人として業者選定や業者見積書の適正さ、工事内容等をチェックできるメリットがあります。
また、第3者のチェックが入ることで、工務店は手抜き、ごまかしができません。